コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国包 クニカネ

デジタル大辞泉の解説

くにかね【国包】

[1592~1665]江戸初期の刀工。仙台の人。山城大掾(やましろのだいじょう)を受領し、後年は用恵と号した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くにかね【国包】

1592~1664) 江戸前期の刀工。陸奥の人。伊達政宗の命により正俊の門人となる。1626年頃山城大掾を受領。晩年「用恵国包」と銘を切る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の国包の言及

【刀鍛冶】より

…しかし,桃山時代になると刀工の分布状態は一変し,新たに発展した城下町や商業都市に刀工は集まり,藩の抱え鍛冶として禄を与えられた刀工も現れた。将軍家の下坂康継,仙台伊達家の国包(くにかね),加賀前田家の兼若,安芸浅野家の輝広,肥前鍋島家の忠吉はその代表的な刀工であり,幕末まで代々その名跡と技術を継承している。1876年の廃刀令により刀鍛冶の歴史は閉じるが,その間,刀工の数は2万4000に達するという。…

※「国包」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国包の関連キーワード仙台国包(初代)スーパー三〇一条国包(11代)国包(10代)国包(9代)国包(7代)国包(6代)国包(初代)国包(5代)国包(2代)国包(4代)佐々木大吉伊達政宗仙台国包包装門人陸奥晩年正俊包平

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android