コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮現 かげんvivarta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮現
かげん
vivarta

インド哲学用語。ベーダーンタ哲学において,ブラフマンに基づいて現象世界がかりに現れること。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐げん【仮現】

神や姿をとって現れること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かげん【仮現】

( 名 ) スル
神仏などが、かりにこの世に身をあらわすこと。化身けしん。 「神、又は、それに類する虚構物を-せずには居られない/神秘的半獣主義 泡鳴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仮現の関連キーワードマックス ウェルトハイマーイグナティオスの手紙ゲシュタルト心理学ウェルトハイマーインド哲学/用語キリスト仮現説コルテの法則I. ロックグノーシス派ドケティズム唯識三十頌因中無果論マーヤー説ファイ現象マルキオンキリスト論処女生誕再洗礼派運動知覚仮現運動

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仮現の関連情報