仮需(読み)かりじゅ

世界大百科事典内の仮需の言及

【取引所】より

…この場合に純然たる空売りと現渡しによる方法とがあり,後者を〈つなぎ売り〉ということは,〈売りつなぎ・買いつなぎ〉の項で述べたとおりである。 仮需(かりじゆ)株式市場では,信用取引で株を買うことを〈仮需〉という。一方,買った株の代金を渡して株券を受け取ることを〈実需〉または〈実需買い〉という。…

※「仮需」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android