企業整備反対闘争(読み)きぎょうせいびはんたいとうそう

世界大百科事典内の企業整備反対闘争の言及

【産業防衛闘争】より

…しかし,方針自体に政治情勢認識・具体的戦術等の問題点があり,十分な成果を上げなかった。こうした方針の影響下の闘争としては,48年暮れから49年にかけての東芝労連の企業整備反対闘争が著名である。会社側が大量解雇と地方工場処分を企図したのに対し,労働組合は生産管理(生産管理闘争)や職場防衛戦術で闘った。…

【三鉱連企業整備反対闘争】より

…なお企業整備は〈合理化〉ともいわれ,ふつう人員整理(解雇)を伴う企業規模の縮小をいう。三鉱連の争議のほか企業整備反対闘争として有名なものには,ドッジ不況下の東芝争議,国鉄行政整理反対闘争(ともに1949),デフレ政策下の尼崎製鋼争議,日鋼室蘭争議(ともに1954),エネルギー転換に伴う炭鉱不況下の三池争議(1959‐60)などがある。【平井 陽一】。…

※「企業整備反対闘争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android