コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢ハナショウブ いせはなしょうぶ

世界大百科事典内の伊勢ハナショウブの言及

【ハナショウブ(花菖蒲)】より

…明治に入り熊本では〈満月会〉が結成され,肥後系を改良し門外不出としたが,西田信常が一部を譲り受け育種し,現在市販に見る肥後系の元を作った。別に伊勢の吉井定五郎(1776‐1859)らが育種し,伊勢ハナショウブ(イラスト)の基礎を作った。今日,花菖蒲園は小規模なところを除いても30ヵ所くらいが知られており,第2次世界大戦前に比べて盛んになっている。…

※「伊勢ハナショウブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊勢ハナショウブの関連キーワードハナショウブ(花菖蒲)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android