コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東武明 いとう たけあき(きねたろう かしたろう)

美術人名辞典の解説

伊東武明

幕末の武士。常陸生。鈴木忠明の長男、伊東氏を嗣ぐ。初名甲子太郎のち摂津・大蔵。号東山、変名宇田兵衛国学歌道を好み剣術に長ずる。初め新撰組に入るが脱して、戸田大和守の配下に属して山陵衡士となるが新撰組の為に暗殺される。慶応3年(1867)歿、33才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

伊東武明の関連キーワード伊東甲子太郎