コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊福部氏 いほきべうじ

世界大百科事典内の伊福部氏の言及

【因幡氏】より

…高草郡の浄成女とその一族が771年(宝亀2)に〈因幡〉の姓を賜って因幡氏が成立し,あわせて令制国造の地位を得た。同氏は鳥取県福井の天穂日命(あめのほひのみこと)神をまつり,平安中期にはともに正三位の神階を授けられた後の因幡国一宮宇倍(うべ)神社をまつる新興豪族伊福部(いほきべ)氏と激しく勢力を競った。平安末期,因幡氏は伊福部氏などとともに介を称して因幡国衙官人の中心的地位を占めていた。…

※「伊福部氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊福部氏の関連情報