コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤=レビの分解定理 いとうれびのぶんかいていり

世界大百科事典内の伊藤=レビの分解定理の言及

【加法過程】より

X(t)の平均値はtの一次関数でX(t)からこれを減じても,見本関数が跳びのみで特徴づけられることに変りはない。一般の時間的に一様な加法過程が,このような過程のある意味での極限と,それに独立なウィーナー過程の定数倍とに分解されることが知られており,これを伊藤=レビの分解定理と呼ぶ。【飛田 武幸】。…

※「伊藤=レビの分解定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android