コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤祐之 いとう すけゆき

美術人名辞典の解説

伊藤祐之

丹波の人。幼名卯之助、通称竜太郎、京都に出て大野応之助に、江戸に至り千葉周作桃井春蔵に剣道を学び、水戸弘道館の師範役となる、後平野国臣と但馬生野に義兵を挙げ、出石藩のために捕らえられ、慶応3年(1867)京都六角の獄中にて歿、33才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

伊藤祐之の関連キーワード伊藤莘野しん

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android