コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆三湯 いずさんとう

世界大百科事典内の伊豆三湯の言及

【修善寺[町]】より

…桂川の渓谷沿いにある修善寺温泉(弱食塩泉,単純泉。30~82℃)を中心に発展した温泉町で,伊豆山の走湯(はしりゆ),伊豆長岡の古奈(こな)温泉とともに伊豆三湯と呼ばれた。弘法大師の発見と伝えられる独鈷(とつこ)の湯,曹洞宗の古刹(こさつ)修禅寺,源範頼・頼家の史跡などがある。…

※「伊豆三湯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊豆三湯の関連キーワード修善寺[町]

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android