コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会話体詩 かいわたいし

世界大百科事典内の会話体詩の言及

【コールリジ】より

…前者は楽園の原型イメージをもつフビライの宮殿と庭を詩人が想像力で描いた幻想詩であり,後者は純真無垢なクリスタベルが魔性の女ジェラルディーンに誘惑される堕罪がテーマの未完の怪奇詩である。このほか注目すべきは,W.クーパーの詩風の流れを汲み,日常的な環境設定の中で自然な心の動きをとらえた〈会話体詩〉のくふうである。《菩提樹の木陰にて》(1798),《深夜の霜》(1798)は,このグループに属する詩である。…

※「会話体詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone