コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木氏信 ささき うじのぶ

朝日日本歴史人物事典の解説

佐々木氏信

没年:永仁3.5.3(1295.6.16)
生年:承久2(1220)
鎌倉中期の武将。京極氏の祖。佐々木信綱と川崎為重の娘の子。検非違使,対馬守,近江守を歴任。北条氏に近仕し重用され,文永2(1265)年引付衆,翌年評定衆となる。弘安7(1284)年北条時宗死去により出家し,道善と称す。同8年の霜月騒動でも活躍した。

(森幸夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone