京極氏信(読み)きょうごく うじのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極氏信 きょうごく-うじのぶ

1220-1295 鎌倉時代の武将。
承久(じょうきゅう)2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の豪族で,同国守護佐々木信綱(のぶつな)の4男。京極氏の祖。京都京極高辻(たかつじ)に館(やかた)をかまえて,京極と称した。宝治(ほうじ)合戦(三浦氏の乱)では三浦泰村(やすむら)の追討に活躍。幕府の引付衆(ひきつけしゅう),評定衆(ひょうじょうしゅう)などをつとめた。永仁(えいにん)3年5月3日死去。76歳。通称は四郎。法名は道(導)善。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android