コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間正勝 さくま まさかつ

2件 の用語解説(佐久間正勝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

佐久間正勝

安土桃山・江戸前期の武将。信盛の子。初名は信栄。のち正勝、通称は甚九郎、号に松泉庵・宗岩・不干斎。茶を利休に学び、茶会を開いて堺衆らと交歓した。武人中の数寄者として知られ、信長の死後は信雄・秀吉に、さらに徳川秀忠の御伽衆に列し、三千石を与えられた。寛永8年(1631)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間正勝 さくま-まさかつ

佐久間不干斎(さくま-ふかんさい)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐久間正勝の関連キーワード石川康長今城為親織田有楽清韓文英岡島右近牧興相山岡如軒酒井貞月弘尊政常

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone