コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間不干斎 さくま ふかんさい

1件 の用語解説(佐久間不干斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間不干斎 さくま-ふかんさい

1556-1631 織豊-江戸時代前期の武将,茶人。
弘治(こうじ)2年生まれ。佐久間信盛の子。千利休にまなぶ。織田信長につかえるが,茶事にふけり天正(てんしょう)8年父とともに追放される。父の死後ゆるされ,織田信雄(のぶお)につかえる。のち豊臣秀吉,徳川秀忠の御伽衆(おとぎしゅう)となった。寛永8年4月27日死去。76歳。名は正勝。通称は甚九郎。別号に松泉庵,宗岩。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐久間不干斎の関連キーワードカルヴァリョアクバルカール[5世]窪田統泰カールネーピアブリッグズ本多忠政国際協力機構JICA

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone