コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤土平治 さとう どへいじ

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤土平治

没年:天明8.5.20(1788.6.23)
生年:生年不詳
江戸中期,天明7(1787)年12月22日夜から翌年1月6日夜にかけて,米価騰貴から相模国津久井県・愛甲郡で起きた酒造屋打ちこわしの首謀者のひとり。相模国津久井県牧野村(神奈川県藤野町)の組頭茂兵衛の伜で,専蔵と称した。土平治という名には「民を平に治める」という意味があり,打ちこわし以前から土平治と自称し村方騒動でも活躍。この打ちこわしは,首謀者の名を取ってのちに土平治騒動といわれる。土平治は牢死したが,死後さらに死罪を申し渡され,青野原村(神奈川県津久井町)の伴蔵こと重郎兵衛と同村の利左衛門が同様に死罪となる。<参考文献>川鍋定男「天明期の百姓一揆の特質と構造」(『関東近世史研究』8号),同「百姓一揆物語の伝承とその世界像」(『歴史評論』338号)

(川鍋定男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android