コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何大復 かだいふく

世界大百科事典内の何大復の言及

【何景明】より

…中国,明代の詩人。字は仲黙,大復と号した。河南信陽の人。1502年(弘治15)20歳で進士となり,中書舎人,吏部員外郎,陝西提学副使を歴任。李夢陽(りぼうよう)らと〈前七子〉(七子)の一人に数えられ,古文辞を唱導した。1511年(正徳6)ごろ李夢陽の模擬に過ぎる作風を批判し,清新な独創の文学を主張した。〈明月篇〉はそれを示す一例であり,李夢陽の文学における重くるしい感じの用語を排し,蟬聯体をまじえ対句を生かし,今体に近い平仄(ひようそく)の配列を試みて,リズム感のある古詩として新生面を開いた。…

※「何大復」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

何大復の関連キーワード何景明

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android