コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作試し サクダメシ

デジタル大辞泉の解説

さく‐だめし【作試し】

その年の農作豊凶を占うこと。年見(としみ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくだめし【作試し】

年占としうらの一。正月、餅に作物の名を書いて米を盛った枡ますの上に伏せ、餅についた米粒の量によって豊凶を占うもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

作試しの関連キーワードうら作物米粒年占