コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

依仁親王 よりひとしんのう

2件 の用語解説(依仁親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

依仁親王

没年:大正11.6.27(1922)
生年:慶応3.9.19(1867.10.16)
伏見宮邦家親王の第17王子。生母は伊丹吉子。明治10(1877)年に海軍兵学校に入校。17年イギリス留学,同国の海軍兵学校には年齢の関係で入学できず,転じて21年フランスブレスト海軍兵学校に入校,23年卒業。次いでフランス海軍2等候補生として遠洋航海,艦隊勤務に従事した。外国海軍の教程を正式に履修した初めての皇族である。25年帰国,「高千穂」分隊士を経て,東郷平八郎艦長のもとで「浪速」分隊士となる。26年6月から軍事研究などのため欧米各国へ出張したが,日清戦争勃発のため27年9月帰国,出征を強く希望して10月「浪速」に乗艦,分隊長として黄海海戦,威海衛作戦に参加し,講和成立後も台湾鎮圧作戦に従事した。その後一時軍令部にあったが,31年の「松島」以来,「高砂」「八島」「吾妻」で,それぞれ分隊長,「扶桑」では副長としてもっぱら海上勤務。36年末には「千歳」副長,日露戦争(1904~05)では初め第1艦隊第3戦隊に属し,旅順口攻撃,黄海海戦に参加。次いで第3艦隊第6戦隊の「千代田」艦長として朝鮮海峡に哨戒任務に当たり,日本海海戦で戦う。42年少将,44年には天皇の名代として英国ジョージ5世戴冠式に東郷らを伴って参列した。大正5(1916)年横須賀鎮守府司令長官,7年大将・軍事参議官。死去の日,元帥。親王は明治2年兄山階宮晃親王養嗣子となり,18年に小松宮を継嗣したが,36年東伏見宮家を創立した。妃は岩倉具定の娘周子。<参考文献>東伏見宮家依仁親王

(田浦雅徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

依仁親王の関連キーワード伏見宮邦家親王伏見宮邦永親王伏見宮邦房親王聖護院宮嘉言親王伏見貞教親王賀陽宮東伏見宮山階宮久邇宮東伏見宮依仁親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone