信を為す(読み)しんをなす

精選版 日本国語大辞典の解説

しん【信】 を 為(な)

ほんとうだと信じる。信頼する。また、信仰心をおこす。信仰心を深める。信を取る
※勝鬘経義疏(611)自性清浄章「即為信無拠。所以挙能信人、勧信莫一レ疑也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android