コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信救 しんぎゅう

世界大百科事典内の信救の言及

【覚明】より

…平安末・鎌倉初期の怪僧で,木曾義仲の右筆として有名。大夫房を称し,西乗坊信救(しんぎゆう)ともいう。《平家物語》の所伝や自著《仏法伝来次第》跋の略歴によれば,もとは儒者で,勧学院の学生,蔵人通広といい,叡山黒谷で出家して信救と号す。…

※「信救」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

信救の関連キーワード覚明さい西仏