西仏(読み)さいぶつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西仏 さいぶつ

1157-1241 平安後期-鎌倉時代の僧。
保元(ほうげん)2年生まれ。興福寺で信救(しんぎゅう)と称した。以仁王(もちひとおう)の挙兵の際,三井寺からの回状に返文をかく。平清盛を怒らせて北国へのがれ,覚明(かくみょう)と名のり源義仲(よしなか)の右筆となる。晩年,法然,親鸞(しんらん)に師事し,故郷信濃(しなの)(長野県)に浄土真宗報恩院(のち康楽寺)をたてたという。仁治(にんじ)2年1月28日死去。85歳。俗名は海野(うんの)通広。著作に「筥根山(はこねやま)縁起」「仏法伝来次第」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android