コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偲ばし シノバシ

デジタル大辞泉の解説

しのば・し【×偲ばし】

[形シク]《動詞「しの(偲)ぶ」の形容詞化》したわしい。忘れがたい。
「言の葉のもし世にちらば―・しき昔の名こそとめまほしけれ」〈右京大夫集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しのばし【偲ばし】

( 形シク )
慕わしい。恋しい。 「昔思ひ出でけるに、-・しき事多く覚えければ/今鏡 すべらぎ下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報