偶‐偶核(読み)ぐうぐうかく

世界大百科事典内の偶‐偶核の言及

【原子核】より

…この殻効果は結合エネルギーへの寄与と同時に,魔法数からはずれたZ,Nをもつ原子核の変形を生みだすうえでも重要であることが知られている。 一方,ZまたはNが1異なるような隣り合う原子核の結合エネルギーを比較することにより,Z,Nがともに偶数であるような偶‐偶核はもっとも安定で,どちらかが奇数である奇数核(偶‐奇あるいは奇‐偶核)が中間,ともに奇数である奇‐奇核はもっとも不安定であることがわかっている。これは原子核内の陽子対および中性子対に,超伝導体中の電子対(クーパー対)と似た対相関力が働くためと考えられている。…

※「偶‐偶核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android