コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傷痍軍人会

2件 の用語解説(傷痍軍人会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

傷痍軍人会

1952年11月、占領下で停止されていた元軍人への恩給や傷病年金などを求めるため、戦争で負傷したり病気になったりした元兵士が全国組織の日本傷痍軍人会を設立し、各地に支部を作った。当初35万人いた会員は約5千人に減少し、全国組織は11月に解散し、支部も解散が続く。戦争で負傷した民間人については、国は援護措置を取っていない。

(2013-12-08 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

傷痍軍人会の関連キーワードATSパチスロ免許停止occupy滑落停止占領下高温停止低温停止米占領下の奄美中井猛之進

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

傷痍軍人会の関連情報