コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾斜移動断層 けいしゃいどうだんそうdip slip fault

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傾斜移動断層
けいしゃいどうだんそう
dip slip fault

ずれ方向によって分類された断層の一形式。ずれが主として上下方向の成分をもち,走向方向の成分をもたない断層をいう。上盤下盤の上に乗上げる場合を逆断層,逆の場合を正断層という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の傾斜移動断層の言及

【断層】より

…逆断層のうち断層面の傾斜が45度以下の緩傾斜の場合を衝上(しようじよう)断層といい,さらに緩傾斜の場合を押しかぶせ断層と呼ぶこともある。これらの断層はいずれも傾斜移動成分をもつものであり,縦ずれ断層(傾斜移動断層)に区分される。走向移動の卓越する断層(図2-c)を横ずれ断層または水平ずれ断層(あるいは走向移動断層)と呼ぶ。…

※「傾斜移動断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

傾斜移動断層の関連キーワード