僕だけがいない街

デジタル大辞泉プラスの解説

僕だけがいない街

三部けいによる漫画作品。『ヤングエース』2012年7月号~連載開始。角川コミックス・エース既刊9巻。タイムリープ能力を持つ主人公青年が、繰り返し過去に跳び、自らの過去と向き合っていくSFミステリー。2014年から2016年の3年連続でマンガ大賞(第7回~第9回)にノミネート。2016年にはテレビアニメを放映同年実写映画も公開された。

僕だけがいない街

2016年の日本映画。監督:平川雄一朗、原作:三部けい、出演:藤原竜也、有村架純、石田ゆり子、杉本哲太ほか。

僕だけがいない街

日本のテレビアニメ。三部けいによる同名の漫画作品を原作とする。タイムリープもののサスペンス。放映はフジテレビ系列(2016年1月~3月)。制作:A-1 Pictures、監督:伊藤智彦。声の出演:満島真之介、土屋太鳳、赤崎千夏ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

知恵蔵の解説

僕だけがいない街

三部けいによる日本のマンガ作品。2012年7月号から「ヤングエース」(KADOKAWA)に連載されている。単行本は15年末までに7巻まで発行され、「マンガ大賞」では14年に第2位、15年に第4位と2年連続で選ばれ、「このマンガがすごい!」では15年に第9位となった。原作とは異なる視点で書かれたノベライズ小説『僕だけがいない街Another Record』が15年11月から「文芸カドカワ」(同)で連載されている。
売れないマンガ家の藤沼悟が、自分の意志とは関係なく時間をさかのぼる特殊な現象(=「リバイバル」と呼んでいる)に巻き込まれるストーリー。29歳になった悟は、母親が殺害されたことをきっかけに、過去に連続誘拐殺人事件の犠牲となった同級生の雛月加代と杉田広美を救うおうとする。29歳の心のままで1988年に戻った10歳の体の悟は、二つの殺人事件の謎を解いていく。ピザ屋でのアルバイトを通じて出会い、後に重要な存在となる片桐愛梨がヒロイン的な役割を担っている。
2016年1月からテレビアニメがフジテレビ系で放映されている。監督は伊藤智彦。主人公である悟は、29歳の時の声を俳優の満島真之介が、10歳の時の声を女優の土屋太鳳が担当する。
また、実写版映画が16年3月19日に公開予定。悟を演じるのは、藤原竜也で、愛梨は有村架純。このほか、及川光博、石田ゆり子などが脇を固める。監督は平川雄一朗。

(若林朋子 ライター/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

僕だけがいない街の関連情報