コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八月十八日の政変 はちがつじゅうはちにちのせいへん

大辞林 第三版の解説

はちがつじゅうはちにちのせいへん【八月十八日の政変】

1863年8月18日に公武合体派が尊皇攘夷過激派を追放したクーデター。前年から長州藩を中心とした攘夷派勢力の活動が活発となり、この年五月の長州藩による外国船砲撃事件や、翌年8月に大和行幸・攘夷親征の詔勅を発して一挙に倒幕・王政復古に突き進もうとする画策に危機感を抱いた薩摩藩・会津藩を中心とする公武合体派が中川宮を擁して、朝議を覆し長州藩と急進派公卿を一挙に朝廷から追放したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八月十八日の政変
はちがつじゅうはちにちのせいへん

文久三年八月十八日の政変」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

八月十八日の政変の関連キーワード大和五条の変高木元右衛門江木仙右衛門住江甚兵衛荒尾清心斎正親町公董内藤忠太郎江坂元之助クーデター伊藤甲之助万代十兵衛錦小路頼徳滋野井実在神谷浩之助信田作太夫横田清兵衛島村衛吉今田靱負周田半蔵所郁太郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android