八月十八日の政変(読み)はちがつじゅうはちにちのせいへん

旺文社日本史事典 三訂版の解説

八月十八日の政変
はちがつじゅうはちにちのせいへん

1863(文久3)年8月18日,公武合体派による京都からの尊攘派追放事件
長州藩を中心とする尊攘派が朝廷を動かし,挙兵討幕の手段として攘夷親征大和行幸を出させたことに対し,公武合体派の薩摩藩が京都守護職松平容保 (かたもり) らとはかって,8月18日未明,機先を制して御所を警固して朝議を一変し,急進派公家参内を禁じた。長州藩は御所警衛のを解かれ,三条実美 (さねとみ) ら尊攘派の公家は長州藩へのがれた(七卿落ち)。尊攘派勢力は一時衰退した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報