八月十八日の政変(読み)はちがつじゅうはちにちのせいへん

大辞林 第三版の解説

はちがつじゅうはちにちのせいへん【八月十八日の政変】

1863年8月18日に公武合体派が尊皇攘夷過激派を追放したクーデター。前年から長州藩を中心とした攘夷派勢力の活動が活発となり、この年五月の長州藩による外国船砲撃事件や、翌年8月に大和行幸・攘夷親征の詔勅を発して一挙に倒幕・王政復古に突き進もうとする画策に危機感を抱いた薩摩藩・会津藩を中心とする公武合体派が中川宮を擁して、朝議を覆し長州藩と急進派公卿を一挙に朝廷から追放したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android