コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公募地方債 こうぼちほうさい public offering of municipal bond

2件 の用語解説(公募地方債の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

公募地方債

不特定多数の投資家を対象に市場で発行される地方公共団体の債券。単独で発行するほか、複数の地方公共団体が共同で発行する例もある。2006年度に発行された約11兆5900億円の地方債のうち、51%に当たる約5兆8400億円が公募、残りは金融機関などが縁故債として引き受けた。かつては発行体の信用力に差はないとされてきたが、02年度以降、10年債について発行条件に差がつくようになった。このため発行体である地方公共団体は投資家へのIR活動などに積極的な姿勢を見せるようになっている。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうぼ‐ちほうさい〔‐チハウサイ〕【公募地方債】

市場公募地方債

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公募地方債の関連キーワードIPO公募債建売り住宅地方紙私募不特定不特定多数優先出資少人数私募債新規公開

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公募地方債の関連情報