六条顕季(読み)ろくじょう あきすえ

世界大百科事典内の六条顕季の言及

【藤原顕輔】より

…院政期の歌人。正三位皇太后宮亮兼左京大夫。父顕季を継承,六条家和歌師範の地位を世襲的家職として確立,崇徳院歌壇期からは歌壇の最高権威と目された。勅撰集撰者として《詞花和歌集》を完成させ,当時の新風に理解を示しつつも優美な伝統の風姿を守る姿勢を示した。家集は《左京大夫顕輔集》。代表作は,《百人一首》にとられた〈秋風にたなびく雲の絶え間よりもれ出づる月のかげのさやけさ〉(《新古今集》巻四)。【近藤 潤一】…

※「六条顕季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android