コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原顕季 ふじわらのあきすえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原顕季
ふじわらのあきすえ

天喜3 (1055) ~保安4 (1123) 9.6. 平安時代後期の歌人。春宮大進藤原隆経の子。母は白河天皇の乳母親子。白河天皇の寵を受け,各国の国守を歴任。累進して修理大夫,院の別当,正三位に叙せられ,天永2 (1111) 年には大宰大弐となった。家が六条烏丸にあったので,六条修理大夫とも呼ばれる。歌道にすぐれ,歌学六条家の始祖と仰がれ,晩年にはしばしば歌会を催して,その判者となった。『後撰集』以下の勅撰集に四十数首入集。家集『六条修理大夫集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕季 ふじわらの-あきすえ

1055-1123 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
天喜(てんぎ)3年生まれ。藤原隆経(たかつね)の子。母は藤原親子。国守を歴任して財をたくわえ,白河院別当として勢力をもつ。修理大夫,正三位となり,六条修理大夫とよばれた。歌道の六条家の祖。人麻呂影供(えいぐ)歌会の創始で知られ,勅撰集には57首がはいっている。保安(ほうあん)4年9月6日死去。69歳。家集に「顕季集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのあきすえ【藤原顕季】

1055‐1123(天喜3‐保安4)
平安後期の廷臣,歌人。藤原隆経の子。母は白河天皇の乳母藤原親子。白河天皇の叔父藤原実季の猶子となる。乳母子として白河天皇に近侍し,その寵を得,絶大な富と権勢を誇った。1075年(承保2)讃岐守となり1104年(長治1)美作守を辞するまで6ヵ国,30年間にわたって受領生活を送り,また1094年(嘉保1)から28年間修理大夫,1086年(応徳3)から21年間白河院別当となる。1095年院の賀茂祭見物のため3日で桟敷を作り,1104年仁和寺新堂に独力で9体の丈六阿弥陀像を安置し,人々を驚かしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原顕季
ふじわらのあきすえ
(1055―1123)

平安後期の歌人。父は正四位下美濃守(みののかみ)藤原隆経(たかつね)、母は従(じゅ)二位藤原親子。母が白河(しらかわ)院の乳母(めのと)であったため、白河院の寵臣(ちょうしん)となり、正三位(さんみ)修理大夫(しゅりのだいぶ)に至った。この間、白河院近臣たちの和歌活動の中心的存在となり、しばしば歌会、歌合(うたあわせ)に出詠したほか、歌合判者も務め、1118年(元永1)の人丸影供(ひとまろえいぐ)の主催とも相まって、歌学の家として名高い六条藤家(ろくじょうとうけ)の祖として仰がれた。保安(ほうあん)4年9月6日没。歌風は、当時の和歌界を二分した革新派の源俊頼(としより)、保守派の藤原基俊(もととし)と比べると折衷的である。家集に『六条修理大夫集』がある。『後拾遺(ごしゅうい)集』以下に入集(にっしゅう)
 うちなびき春は来にけり山河(やまがは)の岩まの氷けふやとくらん[川上新一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原顕季の言及

【六条家】より

…平安後期・中世の歌道家。北家藤原氏の総継(ふさつぐ)の流れをくむ藤原顕季(あきすえ)は京都六条烏丸に住んで六条修理大夫と呼ばれ,その家系を六条家という。顕季は歌才もあり歌壇で重んじられ,1118年(元永1)に源俊頼(としより),藤原顕仲(あきなか)らを招き人丸影供(ひとまるえいぐ)を催している。…

※「藤原顕季」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原顕季の関連キーワード藤原季兼(1)金葉和歌集藤原長実母令子内親王青墓目井藤原公教藤原伊通祇園女御藤原成通藤原為忠堀河百首三条公教藤原顕輔六条顕季藤原宗子藤原長実御子左家源俊頼平正盛矢野荘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android