六角泰綱(読み)ろっかく やすつな

朝日日本歴史人物事典の解説

六角泰綱

没年:建治2.5.17(1276.6.30)
生年:生年不詳
鎌倉中期の武将六角氏。通称佐々木三郎。佐々木信綱の3子。佐々木氏の惣領として,近江国守護職を継承。鎌倉幕府歴代将軍の側近となり,幕府に重んぜられる。左衛門尉,検非違使・壱岐守などを歴任

(佐々木文昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android