佐々木泰綱(読み)ささき やすつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木泰綱 ささき-やすつな

1213-1276 鎌倉時代の武将。
建保(けんぽ)元年生まれ。佐々木信綱の3男。京都の六角東洞院を宿所とし,六角氏を名のる。左衛門尉,検非違使(けびいし),壱岐守(いきのかみ)を歴任。佐々木氏の嫡流をつぎ,寛元3年近江(おうみ)守護となる。父の遺領をめぐって兄重綱にうったえられ,近江の散在所領を没収された。建治(けんじ)2年5月17日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android