コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六道参り ロクドウマイリ

デジタル大辞泉の解説

ろくどう‐まいり〔ロクダウまゐり〕【六道参り】

8月8~10日(もと陰暦7月9~10日)に、京都市東山区にある六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)に参詣すること。参詣者は、迎え鐘と称する鐘をついて精霊を迎える。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろくどうまいり【六道参り】

盆の仏迎えの行事の一。8月8~10日に京都市東山の六道珍皇寺に参り、迎え鐘をついて精霊を迎える。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の六道参りの言及

【珍皇寺】より

…参詣人は境内で迎え鐘を突き,本堂で経木に戒名を書いてもらって水回向(えこう)をし,門前で買い求めた高野槙(こうやまき)に精霊を宿らしてわが家に持ちかえる。これを〈六道参り〉という。当寺の迎え鐘の音は冥府はもとより唐国までとどくと,《古事談》に語られるほど有名であり,また境内には昼は朝廷に,夜は閻魔(えんま)庁につとめたという平安初期の有名な官人歌人小野篁をまつる〈篁堂〉もあって,亡者の鎮魂の信仰伝承に富む寺である。…

※「六道参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android