コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其磧 きせき

世界大百科事典内の其磧の言及

【江島其磧】より

…江戸時代の浮世草子作者。本名村瀬権之丞,通称庄左衛門。京都の人。江戸時代初めより続く大仏餅屋の主人。1696年ころに浄瑠璃の作があるが,99年役者評判記《役者口三味線》を,1701年には浮世草子《けいせい色三味線》を京都の八文字屋から出してより,評判記・浮世草子の作者として活躍。前者は以前の容色本位の評判を脱して芸評書としての性格をはっきりうち出し,体裁・位付け・批評法など以後幕末・明治に至る評判記の型を定める書となった。…

※「其磧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

其磧の関連キーワード八文字屋自笑(初代)八文字自笑(初代)けいせい色三味線邯鄲諸国物語傾城歌三味線世間子息気質八文字屋自笑傾城色三味線大あしらひ村瀬権之丞暗がり仲間世間娘容気八文字屋本傾城禁短気八文字自笑多田南嶺八文字屋浮世草子江島其磧豆右衛門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android