コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内分泌攪乱化学物質 ナイブンピツカクランカガクブッシツ

デジタル大辞泉の解説

ないぶんぴつかくらん‐かがくぶっしつ〔‐クワガクブツシツ〕【内分泌×攪乱化学物質】

環境ホルモン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内分泌攪乱化学物質【ないぶんぴつかくらんかがくぶっしつ】

環境ホルモン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の内分泌攪乱化学物質の言及

【環境ホルモン】より

…環境中に存在し,生体にホルモン類似の作用を及ぼす化学物質の総称で,正式には内分泌攪乱化学物質endcrine-disrupting chemicalsと呼ばれる。20世紀後半から野生動物および人間でオスの生殖能の低下をはじめとするさまざまな生殖異常の増加が報告されるようになり,その原因究明の過程で,多くの環境ホルモンの影響が明らかになってきた。…

※「内分泌攪乱化学物質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内分泌攪乱化学物質の関連キーワード環境ホルモンと健康障害

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android