内部可塑化(読み)ないぶかそか

世界大百科事典内の内部可塑化の言及

【可塑剤】より

…現在,ポリ塩化ビニルに対して,これらすべての要求特性を満足する可塑剤はまだ見いだされていず,新しい可塑剤をめざして研究開発が続けられている。さらに,ブリードアウトしやすい低分子量の可塑剤を加えなくてもよいように,高分子自体を共重合などにより改質する方法(内部可塑化という)などの検討が進められている。 代表的な可塑剤の種類と特性を表1に,日本の可塑剤生産量を表2にあげる。…

※「内部可塑化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android