内部転換係数(読み)ないぶてんかんけいすう

世界大百科事典内の内部転換係数の言及

【内部転換】より

…また電子がたたき出された後の空孔が高い軌道の電子で埋められるために,X線やオージェ電子の放出を伴う。 内部転換を引き起こすのはγ崩壊と同様に電磁相互作用であり,内部転換の確率Neは理論的に計算されるが,ふつうγ崩壊の確率Nγに対する比(内部転換係数という),α=Ne/Nγを用いて議論する。傾向は,低いエネルギーの崩壊に対してαは大きく,また選択則によってγ崩壊が禁止されているようなときでも,内部転換だけが起こる場合もある。…

※「内部転換係数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android