内閣調査室(読み)ないかくちょうさしつ

世界大百科事典内の内閣調査室の言及

【内閣情報調査室】より

…その所掌事務は,〈内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務〉(内閣法14条の3,内閣官房組織令7条)とされ,そこには,各行政機関の行う情報の収集および調査であって内閣の重要政策にかかわるものの連絡調整に関する事務を含むものとされている。1957年8月に内閣調査室として設置され,83年の第2次臨調答申をうけて,内閣機能強化方策の一環として,86年に内閣情報調査室に改組された。内閣調査官15人(うち室長1名),そのほか一般職員で構成されている。…

※「内閣調査室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内閣調査室の関連情報