内鼻孔(読み)ないびこう

世界大百科事典内の内鼻孔の言及

【鼻】より

…古生代の高等硬骨魚であった総鰭(そうき)類では,鼻は単なるくぼみではなく,左右のそれぞれが口腔の天井,つまり口蓋の両わきに開通していた。外面に開いた穴を外鼻孔,口蓋に開いた穴を内鼻孔internal naresといい,肺があったことと並んで,これらが空気呼吸を可能にしていたと考えられる。つまり,総鰭類の鼻は嗅覚器と呼吸器の入口を兼ねる最初の鼻器であった(ただし,現存の総鰭類であるシーラカンス類には内鼻孔は失われている)。…

※「内鼻孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android