円通三匝堂(読み)えんつうさんそうどう

世界大百科事典内の円通三匝堂の言及

【栄螺堂】より

…本来の名称は三匝堂(さんそうどう)(匝は巡るの意味)で,栄螺堂は巡路の形状に由来する俗称である。現存する福島県会津若松市の旧正宗寺の円通三匝堂(1796)は,六角平面で3層の堂内に昇降のスロープを設け,それにそって西国三十三所の観音像を安置する。茨城県取手市の長禅寺観音堂(1763)や群馬県太田市の曹源寺百観音堂(1793)は,方形平面で外観は2層であるが,内部を3層につくり,右回りの通路にそって観音像を巡拝できるようになっている。…

※「円通三匝堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android