コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再び消されかけた男

1件 の用語解説(再び消されかけた男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

再び消されかけた男

英国の作家ブライアン・フリーマントルのスパイ小説(1978)。原題《Clap Hands, Here Comes Charlie、〈別〉Here Comes Charlie M》。「チャーリー・マフィン」シリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再び消されかけた男の関連キーワード裏切り狙撃虐待者クレムリン・キス屍泥棒十一月の男爆魔フリーマントルの恐怖劇場待たれていた男猟鬼

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone