刀剣騎士団(読み)とうけんきしだん

世界大百科事典内の刀剣騎士団の言及

【エストニア】より

…(1)ドイツ時代 この頃未開のバルト地方はドイツ商人と異教改宗を目ざすキリスト教の聖職者を引きつけていた。ラトビアのリガで司教のアルベルトは刀剣騎士団を結成し(1208),北方へ向かって本格的な伝道攻撃をしかけてきた。エストニアの部族集団は頑強に抵抗したが,デンマーク王バルデマール2世がアルベルトと結んで,1219年十字軍をエストニアの北岸に上陸させてタリンの市を築いたため,エストニア人は外敵に屈従することとなった。…

※「刀剣騎士団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android