コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分別結晶作用 ぶんべつけっしょうさようfractional crystallization

世界大百科事典内の分別結晶作用の言及

【結晶分化作用】より

…液体不混和とは,高温では均質な液体であるマグマが,温度降下に伴って,水と油のようにたがいに混合しない2種類の液相に分離し,それぞれの組成をもった火成岩をつくることである。
[分別結晶作用と反応原理]
 マグマは多成分系に属する複雑な化学組成のケイ酸塩溶融体である。温度の降下につれて,しだいに結晶作用が進行する。…

※「分別結晶作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分別結晶作用の関連キーワードソレアイト質型花崗岩同化分別結晶作用岩石生成の残液系花崗岩化作用二重拡散対流不適合元素斑糲岩斜長岩AFC讃岐岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android