コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分別晶出作用 ぶんべつしょうしゅつさようfractional crystallization

岩石学辞典の解説

分別晶出作用

晶出した結晶が順に残液から分離することで形成されるマグマ分化作用[Becke : 1897, Harker : 1900, Bowen : 1921, 1922, Turner & Verhoogen : 1951].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

分別晶出作用【ぶんべつしょうしゅつさよう】

晶出分化作用とも。地下でマグマから晶出した結晶はマグマ残液と反応して結晶自身およびマグマの組成が変わる(反応原理)から,反応の程度いかんによりマグマ残液の成分変化経路はいろいろに変わる。
→関連項目マグマの分化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone