コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散相

栄養・生化学辞典の解説

分散相

 微細な粒子が媒質内に分散している系について,分散している粒子.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の分散相の言及

【合金】より


[合金の組織]
 合金は多数の相を含んでいる。体積の大部分を占める相をマトリックス相,粒子の形でマトリックス相の中に分散している相を分散相または第2相と呼ぶ。金属材料として用いられる合金においては,マトリックス相は金属的性質を示す固溶体であり,金属間化合物,酸化物,硫化物,炭化物などの化合物は第2相として存在することが多い。…

※「分散相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

分散相の関連キーワードリポタンパク質コアセルベートマイクロソーム疎水コロイドエーロゾル剤エマルジョン分散(化学)焼きなまし電気泳動ガス吸収染色化学複合材料コロイド知行地乳化剤分散質分散系粒度

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android