コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切交衲衣 きりまぜのうえ

世界大百科事典内の切交衲衣の言及

【衣帯】より

…衲衣という語は,つぎはぎの衣という意味だが,現在ではもっとも立派な袈裟をさしている。衲袈裟で縁葉も含めて全部同じ生地で作ったものを皆衲衣(かいのうえ),縁葉を別の生地にしたものを切交衲衣(きりまぜのうえ)と称し,前者の方がより上位の袈裟とされる。甲袈裟は縁葉が黒無地,田相が色無地の袈裟で,その色によって,紫甲(しこう),盧甲(ろこう),青甲(しようこう)などと呼び分ける。…

※「切交衲衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android