コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初坂重春(読み)はつさか じゅうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初坂重春 はつさか-じゅうしゅん

?-? 江戸時代前期の和算家。
明暦3年(1657)算書「円方四巻記」を刊行。速算能力よりも数学的考えを重視した。通称は宇右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる