通称(読み)ツウショウ

デジタル大辞泉 「通称」の意味・読み・例文・類語

つう‐しょう【通称】

正式ではないが世間一般で呼ばれている名称。とおり名。鎌倉東慶寺縁切り寺徳川光圀水戸黄門歌舞伎与話情浮名横櫛よわなさけうきなのよこぐし」を「切られ与三よさ」とよぶ類。
[類語]通り名俗称あだ名ニックネーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「通称」の意味・読み・例文・類語

つう‐しょう【通称】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 人名などで、実名とは別に日常となえている名前。
    1. [初出の実例]「名素有、字時中、通称大学後称三郎左衛門土佐人」(出典:先哲叢談後編(1830)一)
    2. 「従来通称名乗両様相用ひ来り候輩」(出典:新聞雑誌‐四五号・明治五年(1872)五月)
  3. 一般に通用している名称。一般に流布している呼び名。とおり名。〔文明本節用集(室町中)〕
    1. [初出の実例]「只(ただ)傾城の通称(ツウセウ)として、女郎といはんに」(出典:評判記・色道大鏡(1678)一)
    2. [その他の文献]〔白虎通‐号〕
  4. 広く一般に通行している言説。〔嵆康‐養生論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「通称」の読み・字形・画数・意味

【通称】つうしよう

一般の呼び名。

字通「通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の通称の言及

【人名】より

…これは1人が幾種類かの名を帯びる社会的な慣習である。日本では特に複名が多く,諱(いみな)(名乗(なのり))のほか,幼名(童名(わらわな)),通称,字(あざな),別号(候名(さぶらいな),芸名,源氏名,筆名,雅号,画号,俳号,狂名,等々),渾名(あだな),法名,戒名,諡(おくりな)等々が同一人に対して用いられることが多い。滝沢馬琴の公式の名は源興邦(おきくに)であるが,彼は本名のほか34の名をもっていたことで知られる。…

※「通称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android