コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通称 ツウショウ

大辞林 第三版の解説

つうしょう【通称】

( 名 ) スル
(正式な名でなくて)世間一般に通用している名前。また、一般に言いならわすこと。また、その名。 「 -苔こけ寺」 「源為朝、-鎮西八郎」
結婚により改姓した女性が、職業上の理由などで旧姓を使用すること。また、その名。戸籍名に対していう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の通称の言及

【人名】より

…これは1人が幾種類かの名を帯びる社会的な慣習である。日本では特に複名が多く,諱(いみな)(名乗(なのり))のほか,幼名(童名(わらわな)),通称,字(あざな),別号(候名(さぶらいな),芸名,源氏名,筆名,雅号,画号,俳号,狂名,等々),渾名(あだな),法名,戒名,諡(おくりな)等々が同一人に対して用いられることが多い。滝沢馬琴の公式の名は源興邦(おきくに)であるが,彼は本名のほか34の名をもっていたことで知られる。…

※「通称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

通称の関連キーワード〈ドイツ〉Palindrom〈イタリア〉Largo与話情浮名横櫛ラロクスラーヌ佐々木小次郎後徳大寺実定亜酸化炭素大石内蔵助池上本門寺二宮金次郎江馬小四郎南アルプス在五が物語時の移ろい府会議員丘珠空港板付空港区会議員藤掛松翁村会議員

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通称の関連情報