コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刷子縁

世界大百科事典内の刷子縁の言及

【小腸】より

…このケルクリングひだと無数の絨毛の存在により小腸の表面積はきわめて大きいものとなる。絨毛の表層上皮細胞の表面には小皮縁(刷子縁)と呼ばれる部分があり,この部分を電子顕微鏡で観察すると,微絨毛と呼ばれる小さい突起が密生していて,ここには吸収に関連する種々の酵素が存在している。小腸の表面積はまずケルクリングひだの存在により,単純な円筒としての面積の3倍となり,さらに絨毛の存在で30倍(約10万cm2),微絨毛の存在で600倍(約200万cm2)という膨大なものとなり,小腸内での消化,吸収を容易にしている。…

【微絨毛】より

…1本の微絨毛は直径0.1μm内外,長さ0.2~数μmの範囲で,数本から数十本のアクチン繊維の束が含まれている。光学顕微鏡でなん本もの繊維が並んでいるように見えるところから,古くから刷子縁(さつしえん)brush borderと呼ばれていた組織像は,その後の電子顕微鏡の研究により,微絨毛の集りであることが明らかになった。絨毛【森 三男】。…

※「刷子縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android