コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刷子縁

1件 の用語解説(刷子縁の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

刷子縁

 →微じゅう毛

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の刷子縁の言及

【小腸】より

…このケルクリングひだと無数の絨毛の存在により小腸の表面積はきわめて大きいものとなる。絨毛の表層上皮細胞の表面には小皮縁(刷子縁)と呼ばれる部分があり,この部分を電子顕微鏡で観察すると,微絨毛と呼ばれる小さい突起が密生していて,ここには吸収に関連する種々の酵素が存在している。小腸の表面積はまずケルクリングひだの存在により,単純な円筒としての面積の3倍となり,さらに絨毛の存在で30倍(約10万cm2),微絨毛の存在で600倍(約200万cm2)という膨大なものとなり,小腸内での消化,吸収を容易にしている。…

【微絨毛】より

…1本の微絨毛は直径0.1μm内外,長さ0.2~数μmの範囲で,数本から数十本のアクチン繊維の束が含まれている。光学顕微鏡でなん本もの繊維が並んでいるように見えるところから,古くから刷子縁(さつしえん)brush borderと呼ばれていた組織像は,その後の電子顕微鏡の研究により,微絨毛の集りであることが明らかになった。絨毛【森 三男】。…

※「刷子縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

刷子縁の関連キーワードクリプト黒毛舌胎盤ホルモンミクロフィラメントじゅう(絨)毛じゅう(絨)毛性ゴナドトロピンじゅう(絨)毛性性腺刺激ホルモンじゅう(絨)毛膜胎盤性性腺刺激ホルモン微じゅう(絨)毛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone